動画による安定継続集客のポイント

こんにちは、石渡顕義です。

今回は、動画を活用した
安定継続集客のポイントについて
お伝えして行きます。

 

動画は見込み客の悩み解決や役立つ情報提供

 

動画で安定継続集客をする場合に
コンテンツとして提供するものは
見込み客の悩み解決や役立つ情報を提供することです。

 

見込み客は一人ひとりが何かしらの悩みや問題を持っていて
それを解決するために、ネットで言葉を検索します。

 

そのネットでの検索する言葉をまずはピックアップして
それらキーワードから、動画のタイトルを作成し、
動画を撮影して行きます。

 

動画を撮影する際に気をつけるのは

 

・明るさ
・声の大きさ
・話す内容を1~3分にまとめる
・最後に誘導する

 

ということです。

 

動画で撮影・提供する内容さえ間違えなければ
しっかりと集客につながっていきます。

 

動画の多さが集客・売上の安定性・継続性につながる

 

YouTubeに動画をアップすると
アクセスが集まってきます。

 

その要素となるのが、

 

1.検索エンジンで上位表示

2.関連動画からアクセス流入

 

です。

 

1の検索エンジンで上位表示する場合は、
キーワードでの競合が少ないときに
最短30分程度ですぐに上位表示されます。

 

これができると、動画をアップしたその日のうちに
見込み客がアクセスしてくることになり
かなり即効性の高いアクセスアップになります。

 

2の関連動画からのアクセス流入は
あなたの業界で他にもYouTubeに動画をアップしている
人がいらっしゃるかと思います。

 

その人の動画とあなたの動画を
うまく関連付けることで
他の人の動画を見た後に、あなたの動画を見てくれる
可能性が非常に高くなります。

 

動画は主に上記2つの経路でアクセスが流れてきます。

 

例えば、1つの動画をYouTubeにアップロードして
その動画が毎月1アクセス運んで来てくれるとしたら
動画を100個作れば、

 

毎月100アクセスがあなたのブログや
サイトに流れてくることになります。

 

動画をアップした後は特に何もする必要がなく
あとはアクセスを生み続けてくれます。

 

つまり、動画をたくさん上げれば上げるほど、
アクセスが積み重なり、売上につながっていく
というわけです。

 

ブログも記事を多く書けば書くほど
それぞれの記事からアクセスが入ってきて
集客につながっていきますが、
まさにそれと一緒です。

 

ブログの場合だと、1000文字以上の
しっかりした記事を書かないと評価されず
1記事に1時間程度はゆうにかかってしまいます。

 

しかし、動画であれば撮影や編集も簡単で
撮影からアップまで慣れてしまえば
5分とかかりません。

 

そして、動画は前述のように
キーワードの競合が少なければ
すぐに上位表示されてきます。

 

そう考えると、ブログで記事を書くよりも
動画を活用した方が早くて効率も良く
上位表示される早さも早いです。

 

動画を作ることで他のコンテンツも同時に作れる

 

実は一番最初に動画を作ることで
他のコンテンツも作った事になるんです。

 

というのも、動画でしゃべった内容を
ブログとして記事に落とし込めば
それでブログの記事は完成します。

 

また、動画に撮った内容を音声に落とし込めば
音声特典として別の媒体で配布することも可能です。

 

最初に動画を撮ることで
その動画を元にして記事コンテンツや
音声コンテンツにすることも可能なので
使える幅が広がりレバレッジが効きます。

 

動画の最後には必ず誘導

 

動画をたくさん撮影してアップして行く際に
注意しないといけないのが
動画を見終わった人にどうして欲しいかの誘導を
必ず入れるということです。

 

動画の最後に誘導を入れることで
あなたのブログやサイトに来てもらうことができます。

 

逆に、最後に誘導を入れないと
動画を見た人はそのまま何もせずに終わってしまうので
必ず誘導を入れるようにしましょう。

 
最後までお読み頂き、
ありがとうございました。m(__)m

 

こちらのブログでは
スマホで誰でも簡単にできる
動画集客のやり方について無料動画講座を
提供しています。

 

動画は本当に簡単に誰でも活用できるので
ぜひ以下のボタンからご覧頂けたらと思います。

 

100円動画集客講座

スマホで誰でも簡単に動画集客ができる講座について、動画で分かりやすく説明しました。あなたのビジネスに必ず役に立つ講座ですので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です