差別化って必要ですか?

こんにちは、動画集客仕組み化プランナーの石渡です。

今回は、他の人との差別化は必要かどうか
についてお伝えしたいと思います。

 

あなたがやっていることで差別化が必要かどうか決まる

 

「他との差別化って必要なんでしょうか?」
という質問をたま~に受けます。

 

それってあなた自身はどう思いますか?

 

あなたがやっていることが
ネットを探しても他にいなければ
当然差別化は必要ないですが、

 

あなたがやっていることが
他の人も大勢やっている事なら
何かしらの違いは必要ですよね。

 

ただ、実際の所そんなに大きな違いを見せなくても
集客・売上につなげることは可能です。

 

差別化をしていなくても
実際に売上が上がっている人はたくさんいます。

 

そういう人はどんなことをしているか知っていますか?

 

他にやっている人がいても差別化はいらない!?

 

特に、コーチングとかやっている人が多い業界で
年商1億円を超えるような売上を上げようと思ったら
しっかりした差別化やポジショニングは
当然必要になってきます。

 

しかし、年商1,000万円レベルであれば
他との差別化はそれほどできていなくても
売上げている方ってけっこういらっしゃいます。

 

あなた自身が何に強いのかを明確に打ち出せば
そこに興味を持ってくる人は必ずいます。

 

あとは、どれだけあなたという人を
知ってもらう機会を作るかということです。

 

あなたという人を知ってもらうのに
一番良いツールがやはり動画です。

 

動画で伝わるもの

 

動画で伝えることができるものは
非常にたくさんありますが
一番伝わるのはあなた自身です。

 

声や表情、しぐさや手の動きなどから
見ている人にはあなたの人柄や雰囲気、
人間性がしっかりと伝わっています。

 

これって、差別化うんぬん以前に
動画であなたという個性が
しっかり伝わっているんです。

 

他の人にはない人柄や雰囲気、
人間性などを伝えることができるし、
それはあなた唯一のものなので
動画を見てもらえば差別化は必要なくなります。

 

なので、動画を見てもらえる機会を
しっかりと作っていくことが大切なんです。

 

動画を見て相手が判断してくれる

 

あなたが動画を作ってYouTubeにアップすれば
やり方さえ間違えなければ
誰かしらが動画を見てくれます。

 

後はその人が良いと思うかどうか
判断を任せるだけです。

 

動画を見ていいな~と思う人もいるし
違うなと思う人もいるでしょう。

 

万人受けしようと思わずに
あなたの設定したターゲットに向かって
動画で情報提供して行けば

 

あなたの理想とする見込み客は
ちゃんと残って向こうから
アプローチしてきてくれます。

 

後は知ってもらう機会を増やすだけ

 

ということで、動画にはあなたの個性が
嫌でもにじみ出てくるので
それが自然と差別化になってしまいます。

 

大きな差別化を考えるよりも
しっかりと動画を見てもらうこと、
動画を見てもらう機会を増やすこと
必要になってきます。

 

そこで、以前から言っていることですが
「動画は少なくとも100本は上げる」
というのが重要になってきます。

 

実際取り組むのが大変かなと思う方が
けっこういらっしゃるんですが
取りかかってしまうと案外100本なんて
すぐにできてしまいますよ。^^

 

そして、たくさんの動画を上げれば
後から動画に参入してくる人は必ずいますから
その人たちとの差別化にもなります。

 

ぜひともたくさんの動画をアップしてみてくださいね。

 

どういった動画を作ればいいのか、
その詳しいやり方については

 

スマホを使った誰でも簡単にできる
動画マーケティングの無料講座がありますので
以下のボタンを押して動画講座にご参加ください。

 

 

必ずあなたのお役に立てると思います。

 

それでは最後までお読み頂き、
ありがとうございました。m(__)m

100円動画集客講座

スマホで誰でも簡単に動画集客ができる講座について、動画で分かりやすく説明しました。あなたのビジネスに必ず役に立つ講座ですので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です