スマホで動画撮影する5つのコツ

こんにちは、石渡顕義です。

 

今回はスマホで動画を撮影する際の
コツについてお伝えしていきます。

 

スマホを横向きにして撮影する

 

スマホで動画を撮る時に注意したいのが
撮影時のスマホの向きです。

 

 

スマホを縦向きで撮影してしまうと
縦長の動画になってしまい、
一般的には結構見づらい動画になってしまいます。

 

TVでもパソコンでもそうですが
普通は画面は縦横比を見ると
横の方が長いですよね。

 

人は一般的に横長の動画には
違和感を感じませんが
縦長の動画だとかなりの違和感を
感じてしまいます。

 

ですので、スマホで動画を撮影する時は
スマホを横向きにして撮影して動画が
横向きで見られるようにしましょう!

 

スマホは固定して撮影する

 

これも当たり前といえば当たり前ですが、
スマホをしっかりと固定して
動画を撮影するようにしましょう。

 

 

スマホを片手で持って固定せずに撮ると
ずっとブレた動画を撮影してしまいます。

 

ブレた動画は見ている人に不快感を与えてしまうので
一度不快感を与えてしまうと
また見に来てくれることがなくなってしまいます。

 

ブレない動画を撮影するためにも
三脚やスマホを固定する道具を
しっかり使って動画撮影をしましょう!

 

明るい所で撮影する

動画を撮影する場合は
明るさはとても大切です。

 

明るい所で撮影しないと
周りの写っているものも暗いですし、
写っている人の表情も暗くなってしまいます。

 

暗くなってしまうと、
見ている人に良い印象を持ってもらえません。

 

動画を撮影する時は
できるだけ明るい所で撮影しましょう。

 

自然の光が当たるような場所なら
問題はありませんが、
どうしても少し暗い場所での撮影なら

 

スマホの機能としてついている
「露出」で明るさ調節をしましょう!

 

この露出の機能を使うことで
動画を明るく撮ることができます。

 

iphoneでしたら、以下の写真のように
動画撮影モードで適当な個所をタップすると
四角の枠と太陽のマークが表示されます。

 

 

この太陽のマークを押しながら
上下にスライドさせると
上は明るくなり、下は暗くなるという
露出の調節ができるようになっています。

 

 

※機種によっては露出の調節ができない場合も
ありますので、その際は照明を使って
明るくするようにしてください。

 

撮影サイズについて

 

動画を撮影する際には
足先から頭まで全体を画面に入れる「フルショット」、
腰から上を撮る「ウェストアップ」、
胸から上を撮る「バストアップ」、
顔の表情を撮る「クローズアップ」があります。

 

 

状況により、これらの撮り方を区別しますが
人との会話を撮る際には、
「バストアップ」を基本にして撮影するといいです。

 

また、撮影時には色々なサイズのショットを
撮っておくと、あとで編集する時に
活用できるものが多くなるので困りません。

 

解像度の設定に注意!

 

スマホの機種によっても違いますが
カメラの解像度の設定ができる機種があります。

 

 

高い画質で撮影しておくと
編集時に色々を融通がきくので
オススメではありますが、

 

その分、データ量も多くなるため
スマホに空き容量があるかを確認して
撮影しないと途中で容量がなくなり
撮れなくなったなんてことになりかねないので
注意が必要です!

 

以上、スマホで動画撮影する際の
5つのポイントについてお伝えしました。

 

ぜひ動画を撮影してYouTubeにアップして
あなたのビジネスに活用して下さい。

 

動画は今までにない可能性を持っているので
あなたのビジネスが大きく広がりますよ!^^

 

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。m(__)m

 

100円動画集客講座

スマホで誰でも簡単に動画集客ができる講座について、動画で分かりやすく説明しました。あなたのビジネスに必ず役に立つ講座ですので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です